N Life.

May the happy day be with us.

ゆったり登山道(冬の金剛山 ロープウェイ > ダイヤモンドトレイル > 山頂)

今回は関西で雪を見れて行きやすい山として有名な金剛山に行ってきました。

登山初めてだったので、無理のないコース取りをしました。

ロープウェイで中腹まで進み、そこから山頂を目指すことにしました。

河内長野駅からバスで40分ほどで金剛山に到着しました。

f:id:naokirin:20170204003127j:plain

大阪市内ではなかなか見れない雪景色!

f:id:naokirin:20170204003136j:plain f:id:naokirin:20170204003142j:plain f:id:naokirin:20170204003152j:plain

ロープウェイまでの道も凍っていて滑りやすくて結構危なかったです。。。


始発のロープウェイを待って、いざロープウェイへ。

f:id:naokirin:20170204003045j:plain

麓から徒歩だと1時間以上かかる道のりを6分で到着しました。
次登るときはぜひこのあいだの道も自分の足で行ってみたいものです


ロープウェイで金剛山駅まで到着すると、雪のトトロがお出迎え。
朝だときれいな形でしたが、昼くらいには溶けてドロドロになっちゃうらしいです。

f:id:naokirin:20170204005059j:plain

ロープウェイを下りてアイゼンを装着したら、早速登山開始です。
さっそく道が三本に分かれていて、同じ時間に来られていた人はみんな自分の道と別の道を進んでいって、若干不安でした…w

f:id:naokirin:20170204010837j:plain f:id:naokirin:20170204011603j:plain

あるきはじめると、雪と朝日が綺麗でした。

f:id:naokirin:20170204011821j:plain

10分もしないうちにちはや星と自然のミュージアムに到着。
屋根の上に草がいっぱい生えてます。

f:id:naokirin:20170204012335j:plain

この日は残念ながら樹氷は見れませんでしたが、木に雪が積もっているだけでも結構綺麗でした。

ちはや園内のキャンプ場。

f:id:naokirin:20170204012944j:plain f:id:naokirin:20170204013151j:plain

ここからダイヤモンドトレイルへ。

f:id:naokirin:20170204012747j:plain

ちはや園地からダイヤモンドトレイルを進んでいくと大阪府最高地点に着きます。

f:id:naokirin:20170204013311j:plain

このあたりから少しずつ坂がきつくなってきます。

f:id:naokirin:20170204013442j:plain f:id:naokirin:20170204013451j:plain

坂がきついですが、自然を楽しみつつ進むとつらい感じはありませんでした。

f:id:naokirin:20170204013540j:plain

山頂まであと少し。。。(とはいえまだ20分くらいはあります。金剛山駅からだと半分過ぎたあたり)

f:id:naokirin:20170204014052j:plain f:id:naokirin:20170204014143j:plain

大きな杉。仁王杉と言うそうです。

f:id:naokirin:20170204014213j:plain

少し開けると遠くに山々が見えます。

f:id:naokirin:20170204015253j:plain

山頂に行くまでの途中にある葛城神社でお参りしました。

f:id:naokirin:20170204015645j:plain

神社を通り過ぎるともう山頂までの広い道に出ました。

そしてそのまま山頂広場へ。

f:id:naokirin:20170204015940j:plain f:id:naokirin:20170204020101j:plain

山頂広場からは大阪側(河内長野市堺市辺りでしょうか…?)が見えます。

f:id:naokirin:20170204020051j:plain

帰りも金剛山駅までもどってロープウェイで帰りました。

f:id:naokirin:20170204020140j:plain
バス停からの金剛山

今回登山をしてみて、自然を感じながら普段の生活から少し離れることができてとても気持ちよかったです。

山頂広場で保温ポットに入れたスープを食べている人がいたのですが、すごく美味しそうだったので次に山にのぼるときは自分も真似してみたいです。

前のページ